怪談

洒落怖~名作集~

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんのとこにいったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしてて、俺もこっちでよく介護のボランティアとかしてたから手伝いにいったんだ。 孤児院っつっても...
洒落怖~名作集~

ロアニの家

子供の頃近くに廃墟の家があった。 そこは川沿いにあって井戸もある。 しかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味。 必然的にそこは幽霊が出る家として校区内では有名だった。 学校からは危ない(倒壊のおそれもあるので...
洒落怖・怪談

目の端に映る

さっきまでバイト行ってたのよ。 ファミレスの皿洗いなんだけど。 なんか今日のバイト中、ずっと変な感じがしてたのね。 なんかこう、いつもみたいに茶碗はまとまらねぇし、コップは入れ物ごと落とすし、食器洗い機の火はすぐ消えるし、皿重...
洒落怖・怪談

404号室

「404号室を借りたいのだが...」 その男はおかしなことを言う。 妙な注文を出す奴はよくいるが、こいつはその中でも注文も外見も飛びきり風変わりだった。 顔は浅黒くて、背はひょろんとしている。 声は無理やりしぼりだしているよ...
洒落怖・怪談

鏡の中のナナちゃん

幼い頃、私は一人でいる事の多い子供でした。 周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じではありませんでした。 父も母も祖父も、弟が生まれてから以前ほど私をかまってくれ...
洒落怖~名作集~

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、なんていうか...まだ終わっていないというか...。 とりあえずお話しします。 自分は23歳の男で実家暮らしの介護士です。 父(52)母(44)弟(18)の4人家族で、弟はこの春から就職のため一...
洒落怖・怪談(管理人著)

一日一善の刑

俺は法廷に立たされていた。 これから裁判長とやらからありがたい判決が下されるらしい。 数件の強盗殺人。実刑は避けられないと弁護士に言われた。 そこをなんとかするのが弁護士の仕事だろと吐き捨てたが「やれることはやります」だと...
洒落怖・怪談

星を眺める少女

ある大学に通う男子学生には 最近気になってしょうがないことがあった。 深夜アルバイトから帰る道にあるアパートの窓から、星を眺めている少女がいるのだ。 その少女は飽きることもなく、夜空に輝く星々を眺めていた。 最初はそれほ...
洒落怖・怪談

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。 そこは見晴らしの良いただの直線だが何故か事故が多いことで有名だった。 その道をあまり使わない人には分からないだろうが毎日車で出勤するオレや同僚には事故の理由は明白だった。 あるおっさんが...
洒落怖・怪談

逆地蔵

これは20年ほど前のこと、私がまだ小学生だった頃の話です。 当時、私は人口が3000人もいないとある村に住んでいました。 そこは自然豊かなその村では両親がよく川へ釣りに連れて行ってくれたり、山でキャンプをしたりと毎日がとても充実していま...
タイトルとURLをコピーしました