洒落怖・怪談

広島原爆、2日前に見たもの

五年前に死んだ祖父がよく言ってた話。 今から60年以上前で戦時中で神戸であった話だそうだが、ある日、祖父が空を見上げたときに白い布みたいなのが飛んでた。 よく見てみると布ではなくて顔も体も真っ白な人だった。 それがすごく高い所...
洒落怖・怪談

お気に入りのワンピース

知人の祖母・Nさんが若い頃体験した話だ。 Nさんにはお気に入りの服があった。 生成り地に小花が少し刺繍された、可愛らしいデザインのワンピース。 Nさんはその日も、お気に入りのワンピースを着て買い物に出かけた。 そして帰宅後は...
学校の怪

心の闇

私は数年前まで中学校の教員をやっていた者です。 学校というところは、大勢の人間が行き来するだけにさまざまな『気』が澱んでゆく場所のようです。 よい意味で清々しい気もあれば、悪意に満ちた気もある…。 これはそんなことではないかなとい...
山の怪

山から来る。

実家の山のお話です。 うちの実家はものすごい山の奥で、家から出て20メートルも歩いたら山の入り口なんです。 小さい頃から危ないから山には入るなって言われてたけど、気になる。やっぱり気になる。 それも、笹がアーチみたいに入り口形作っ...
洒落怖~名作集~

新聞奨学生

1980年の4月。大学という大学を落ち、オレは予備校生の身となった。 「浪人」という名の何者でもない19歳の男に、親はもう一度無駄な期待と金を使い、さして意味の無い「新生活」が始まった。 3月の半ば、念仏のように「やればできる」と繰...
洒落怖~名作集~

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんのとこにいったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしてて、俺もこっちでよく介護のボランティアとかしてたから手伝いにいったんだ。 孤児院っつっても...
洒落怖~名作集~

嘘つきで有名な奴

今はもうお互いに引っ越してしまって会うこともないが、アパートの隣の部屋に嘘つきで有名なやつが住んでいた。 飲み屋なんかでいろんな話をする、おしゃべりなやつ。話の内容はだいたいが眉唾もので、それで嘘つきで有名になった。 そいつがこんな...
洒落怖~名作集~

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。 久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそう...
洒落怖・怪談(管理人著)

幽霊が見えるサイト

私がその噂を耳にしたのは、まだ梅雨が明けない7月のことだった。 うだるような湿気に満たされた山手線の車内は、疲れた表情で帰路につくサラリーマンやOLが多い。 夜の19時30分。 私は吊革につかまって、スマートフォンでSNSのタ...
洒落怖~名作集~

良栄丸事件

■発見されたミイラ船 1927年10月31日、カナダ西海岸バンクーバー島。 ワシントンのシアトル港への帰路についていた、アメリカの貨物船「マーガレット・ダラー」号は、 行方不明になっていた小型漁船「良栄丸」を発見した。 ボロボロに朽...
タイトルとURLをコピーしました