【師匠シリーズ】鋏(ハサミ)

師匠シリーズ

大学3回生の頃。

俺はダメ学生街道をひたすら突き進んでいた。
2回生からすでに大学の講義に出なくなりつつあったのだが、3年目に入り、まったく大学に足を踏み入れなくなった。
なにせその春、同じバイトをしていた角南さんという同級生にバイト先にて「履修届けの締め切り昨日までだけど、出した?」と恐る恐る聞かれて、その年の留年を早くも知ったというのだから、親不孝にも程があるというものだ。

では大学に行かずになにをしていたかというと、パチンコ、麻雀、競馬といったギャンブルに明け暮れては生活費に困窮し、食べるために平日休日問わずバイトをするという、情けない生活を送っていたのだった。

大学のサークルには顔を出していたが、一番仲の良かった先輩が卒業してしまい、自然に足が遠のいていった。
その先輩は大学院を卒業して、大学図書館の司書におさまっていた。
この人が俺に道を踏み外させた張本人と言っても過言ないのだが、まさかこんなにまともに就職してしまうとは思わなかった。

俺が大学に入ってからの2年間、あれだけ一緒に遊び回っていたのに、片方が学生でなくなってしまうと急に壁が出来たように感じられて、自然と距離を置くようになった。
職場の仲間や、ギャンブル仲間・バイト仲間という、それぞれの新しい世界を築いていく中で、オカルト好きという子供じみた共通項でかろうじてつながっているような関係だ。
思い返すとそのころの彼は、つきあっていた彼女も学部を卒業し県外に就職してしまっていたせいか、妙に寂しげに見えたものだった。

梅雨が明けたころだっただろうか。

以前よく顔を出していたネット上のオカルトフォーラムの仲間からオフ会のお誘いがあった。
ここも中心メンバーが二人抜けてからはまるで代替わりしたように新しい人ばかりになり少し居辛さを感じて、あまり関わらなくなっていた。

午後8時過ぎ。
集合場所は市内のファミレスだったが、俺は妙に緊張して店内に入っていった。

「やぁ」

という声がした方に、昔からの顔なじみのみかっちさんという女性を見つけ、少しほっとする。
同じ顔ぶれで何度も重ねたオフ会のような気だるい雰囲気はなく、新しい人の多い、なんというかギラギラした空間があった。
オカルト系のオフ会なんだから、オカルトの話をしないといけない、という強迫観念めいた空気に、上滑りするようなトークが絡んで、俺には酷く疲れる場所になってしまっていた。
その会話の中で、一際目立っている女性がいた。
積極的に話に加わっているわけではなかったが、周囲の男性陣がやたらと話しかけている。
その原因は明らかで、彼女がゴシック風の黒い服を着こなした美少女と言っていい容姿をしていたからに他ならない。

俺にしても恋人がいなかった昔は、なにか起こらないかという、そういう下心を持ってオフ会に参加したこともある。
しかしいま、端から冷静にそういう光景を目にしていると、ひどく間が抜けて見える。
その少女はそういう手合いに慣れているのか、淡々とあしらっていた。
しかし、かくいう俺もその容姿に別の意味で気が惹かれるものがあった。
どうも見覚えがある気がするのである。

すでに飲みほしたコーラのコップを無意識に口に運びながらチラチラと少女の方を見ていたのだが、一瞬視線が合ってしまい、すぐに逸らしはしたものの気まずさに「トイレ、トイレ」と我ながら情けない独り言をいいながら席を立った。

とりあえず男子トイレで用をたして出てくると、驚いたことにさっきの少女が正面で待っていた。
「ちょっといい?」

という言葉に戸惑いながらも「え? なにが」と返したが、その聞き覚えのある声にようやく記憶が呼び覚まされた。

「音響とかいったっけ」

2年くらい前に、若い子ばかりが集まったオカルトフォーラムのオフ会で俺に「黒い手」という恐ろしいものを押し付けてきた少女だ。

「今のハンドルはキョーコ」

人差し指を空中で躍らせながらそう言う。

響子。

確かにスレッドに参加していたと思しき連中から、さっきそう呼ばれていた気がする。
しかし俺にとってその響きは、なんだか不吉な予感のする音だった。

「てことは本名が音ナントカ響子なわけか。音田とか音無とか」

余計な詮索だったらしい。
不機嫌そうな眉の形に、俺は思わず口を閉ざした。

「ちょっと困ったことがあって……助けて欲しいんだけど」

「は? 俺が?」

音響(たとえ頭の中でもキョーコという単語を出したくない気分だった)は、オフ会の集団のいる席の方へ顔を向けながらバカにしたような口調で言った。

「あんな連中、てんでレベルが低くて」

それはまあ、そうだろうけれど。
同意しつつも、ではなぜ俺に? という疑問がわいた。
すると彼女は「黒い手はホンモノだった」と言った。
そして、「アレから逃げ切ったらしいと聞いて、ずっと気になっていた」と言うのだ。

俺は思わず「いやあれは俺の師匠に助けてもらっただけ」とバラしそうになったが、恥ずべきことに実際に口に出したのは「まあ、あれくらい」という言葉だった。
その虚勢は、彼女がやはりかわらしい容姿をしていたことに起因していることは間違いが無いところだ。

「出て話さない?」

と言うので、頷く。
さっきから、オフ会の連中の視線を肌にザラザラ感じ始めていたのだ。
トイレ前で話し込んでいるツーショットをこれ以上さらしておく気にはなれない。
男どもの敵意に満ちた視線をかい潜って、レジで清算をする。

音響をちらりと見ると、俺に払わせる気満々のようだったが、無視して自分の分だけ払った。
みかっちさんの意味のわからないサムアップに見送られて店を出ると、いきなり行き先に困った。
近くに公園があるが、なんだかいやらしい感じだ。
「居酒屋とかでもいいか」と聞くと、音響は首をヨコに振り、「未成年」と言った。
18、19は成人擬制だと無責任なことを俺が口にすると、驚いたことに彼女は自分を指差して、「16」と言うのである。
俺は思わず逆算する。
「あの時は中3、今は高2」と先回りして答えてくれた。
黒い手は学校の先輩にもらったと言ってなかったっけ、と思うやいなや、また先回りされた。

「中高一貫」

ずいぶんカンのいいやつだと思いながら、近くのコーヒーショップに入った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました