【師匠シリーズ】鏡

師匠シリーズ

大学1回生の冬。

大学に入ってから出入りするようになったネットの地元系オカルトフォーラムのオフ会に出たときのこと。
オフ会とは言っても、集まって居酒屋で飲む程度のものもあればディープなメンバーによる秘密の会合のようなものもあった。

その日も10人ほどの人間が集まって白木屋でオカルト話を肴に飲んだ後、主要メンバーだけが夜更けにリーダー格の女性の部屋に集ったのだった。
そのリーダー格の女性とはColoさんという人で(なぜか頻繁にハンドルネームを変えるのでそのとき本当にColoだったかは自信がない)、俺のオカルト道の師匠の彼女でもあった人だったので妙に可愛がられ、若輩の俺も濃い主要メンバーの集まりに混ぜてもらうことがよくあったのだ。

秘密の会合では交霊実験まがいのことをすることもあったが、その日は1次会の流れのままColoさんの部屋でダラダラと酒を飲んでいた。
山下さんという男の先輩が「疲れてくると人間の顔が4パターンしか見えなくなくなる」という不思議な現象にまつわる怖い話をしていたところまでは覚えている。
揺さぶられて目を覚ましたとき、部屋には3人しかいなかった。
Coloさん、みかっちさんという女性陣に俺。

「鏡占いに行こう」

まだ覚醒していない頭に、実にシンプルな構文が滑り込んできた。
なんでも市内に新しい占いの店がオープンしたのだが、それが一風変わった「鏡を使った占い」をしているのだそうだ。
思わず腕時計を見たが、短針は12時を回っていた。
しかし二人は大丈夫、大丈夫、まだやってるというのである。
洗面所をかりて顔だけ洗っていると、Coloさんがそばにやってきてこう言った。

「困ってることがあるんでしょう。その店の鏡の中には、困難の正体が映るんだって」

困っていること。
たしかにある。
Coloさんやオフ会のメンバーには言っていないが、そのころ俺はある女性に絡むやっかいごとの只中にいた。
霊感の強い人に立て続けに出会ったせいか心霊現象にはよく遭遇するようになっていたのだが、異常な人間のほうがはっきり言ってたちが悪い。

その女性は、信じがたいことに市内の高校で「同級生の血を吸う」という事件を起こして停学になったことがあるという。
興味をもって彼女のことを調べてまわっていたのが不興を買ったのか、そのころ身の回りに不可思議な出来事が立て続いて起きていた。
もちろん彼女と関係があるとは限らない。
しかし最悪の事態を想定して生活するのは臆病者にとって当然だ。

俺は知り合いにもらった魔除けのタリスマンなるものまで肌身離さず持っていた。
Coloさんは何を考えているのかわからない独特の表情で、

「たぶん、本物だから」と言った。

Coloさんは勘が鋭い。
大学のサークルの先輩でもある俺のオカルト道の師匠には、そのやっかいごとを伝えていたが、恋人を巻き込みたくないのか師匠はColoさんには教えてないはずだった。
はずなのに、なにか勘づいているような気配がしていた。

3人で連れ立ってマンションの一室を出ると外はやたら寒く、俺は帰りませんかと何度か言ったが女性二人がノリノリだったため無視され、繁華街のほうへずんずんと歩を進めていった。
ところが、その途上でみかっちさんのPHSが鳴り、みかっちさんは電話口で何事かわめいたかと思うと走ってどこかに行ってしまった。
俺は面くらうとともにどこかほっとして、「二人になったし、帰りましょう」と言った。
しかしColoさんは首を振ると「来なさい」と有無を言わせぬ口調で俺を促した。

深夜1時近くになっていたが、まだ明かりの消えない華やかな通りからすこし外れて、薄暗い裏通りを進むと「学生ローン」とかかれた看板のある小さなビルの前に立ち止まった。

占いの店らしき看板も出ていないが、Coloさんはここだと言う。
そして地下へのびる階段をずんずんと降りて行くのだった。
地下には「占い」とだけかかれた怪しげなドアがあり、Coloさんは躊躇なく押し開けて俺を手招きするのだった。

薄暗い店内には人の気配がなく、厚手の黒い布で遮蔽されたカウンターらしきところに、人の手が見えた瞬間は思わずビクッとした。
Coloさんがその布越しになにか話しかけると、白い手は店の奥を指差したかと思うとスゥっと消えるように引っ込んでいった。
狭い店内は黒で統一され、天井の照明も黒い布で覆われていたので目が慣れるまでは鼻を摘ままれてもとっさにはわからなかったかもしれない。

「こっち」

とColoさんが俺の手をつかんで引っ張り、店の奥へと向かった。
奥には黒い布で隠されるようにしてドアがぽつんとあり、切れ目の入った厚手の生地を掻き分けるように中を覗き込んだかと思うと、Coloさんは「ここ」と言って俺を促すのだった。
流されるようにここまで来てしまったが、なんだかすべてが薄気味悪い。

『困難の正体が映る鏡』

そんなものが本当にあるんだろうか。
とは思わなかった。
そんなものを見ていいんだろうか。
そう思ったのだった。

俺はColoさんに押し込まれるようにドアの中へ入った。
中はさっきまでよりも暗い。
背後では切れ目の入った布が入り口を塞ぐようにバサバサともとに戻る音がした。
暗くても、部屋が狭いことは直感でわかる。

その一番奥に人影が見えた。

ビクビクしながら近づくと、やはりそれは俺だった。
鏡面であることを確認しようとして手を伸ばそうとするが、一瞬頭がくらくらするような感覚がして、それをすることは躊躇われた。
なにか、説明しがたい違和感のようなものがあった。

『困難の正体』

それは自分自身だ。

そんなことを悟らせるための店なのだろうかと、ふと思った。
全身が映っている大きな鏡の中の腕時計に目を落とすと、短針は1時のあたりをさしていた。
そのときである。
頭の中にくぐもったような耳鳴りがかすかに響き始めた。

まずい。

その音が、心臓を早鐘のように乱れさせる。

なにかが起こる。

そう思った俺は、ここから出ようとした。
そしてそのために振り向こうとしたとき、鏡の中の青ざめた自分の顔の端になにか黒いものが見えた気がした。
ドキドキしながら振り返るが、なにもなかった。
暗い部屋が広がっているだけだ。

また鏡に向き直る。
こんどは顔の位置がずれて、顔の後ろに隠れていた黒いものが大きくなっていた。
それが動いた瞬間、叫び声をあげそうになった。

はっきりとわかる。
それは人影だった。
鏡の中の二つの人影。
一つは鏡の前に立つ俺。
もう一つはその俺の後ろに立つ長い髪の人物。
さっき振り向いたときはいなかった。

そして予感がする。
もう一度振り向いても、誰もいないのではないだろうか。
困難の正体なんか、見ていいはずがなかった。
後悔がよぎる。
鏡の中で部屋の入り口付近から、長い髪の人影がこちらのほうへジリジリと近づいてくる。
暗すぎて顔まではわからない。
俺は震えながら、掛けていた眼鏡をずらす。
鏡の向こう、自分の姿や、背後の壁などとともに、その人影も輪郭からぼやけてしまった。
幻覚ではない。
脳が見せる幻なら眼鏡をずらしてもぼやけない。
硬直する俺の背後へ、ぼやけたままの人影が揺れながら近づいてくる。
耳鳴りが強くなる。
そしてこの部屋に入り、鏡を見た瞬間に感じた違和感がもう一度強く迫ってくるような気がした。

振り向こうか。
振り向いたら、たぶんなにもいない。
そして部屋の入り口へ走って、外へ出る。
そうしようか。
心臓をバクバク言わせながらそんなこと思っていたが、けっして目は鏡の中から逸らせないのだった。

そのとき、鏡の中の腕時計がまた目に入った。
短針は依然1時のあたりを指していた。その瞬間、違和感の正体に気がついた。
鏡の中で腕時計をしている手をじっと見つめる。

右側の手に腕時計をしていた。

鏡の中の俺が、右側の手に腕時計をしているのだった。
俺は固まったまま動けなくなる。
俺は普段、当然のことながら左手に腕時計をはめている。
鏡に映るときは、向かって左側の手にはめていないとおかしいではないか。
そしてその鏡の中の短針は、11時のあたりを指していないとおかしいはずだった。

なんだこれは。なんだこれは。
という言葉が頭の中をぐるぐると回る。

鏡に映る俺の体で、数少ない左右対称ではないものが、すべてある結論を指し示していた。
心臓が、胸の右寄りの位置でドクドクと脈打っている気がした。

(こっちが鏡の中だ)

そんなことはあるはずがなかった。
しかし鏡の向こうの俺こそが、確かに正しい方の手に正しい時間を指す腕時計をはめているのだった。

そして鏡の向こうの俺の背後に、髪の長い長身の人影が迫って来ていた。
こっちが鏡の中である、というありえない事態に、俺はうろたえる余裕もなく、こっちが鏡の中であるという前提のもとに、今なにをすべきかを考えた。
混乱する頭を蝿の飛び回るような耳鳴りが掻き乱し、なにをしていいのかわからない。

動けない。
振り向けない。

鏡の向こうの俺の背後に、切れ長の瞳が見えた瞬間、思わず叫んでいた。

「どうしたらいいですか」

なぜそんなことを言ったのかわからない。
外にいるだろうColoさんに助けを求める叫び声としては奇妙だ。
まるで、すべてを知ってる人に問いかけるような・・・・・・
すると間髪入れずに答えが返ってきた。

「来てよかったでしょう」

鏡の向こうで部屋の入り口の黒い布がガサガサと揺れ、妙に現実感のないColoさんの声が聞こえてきた。

「どうしたらいいですか」

もう一度叫んだ。
すぐ背後まで来ている、切れ長の瞳の黒目が一瞬膨張した。

「簡単。今すぐこの予知夢から覚めて、鏡占いに行こうという誘いを断る。それだけ」

そんな言葉が、直接頭の中に響いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました