【師匠シリーズ】黒い手

師匠シリーズ

その噂をはじめに聞いたのは、ネット上だったと思う。

地元系のフォーラムに出入りしていると、虚々実々の噂話をたくさん頭に叩きこまれる。
どれもこれもくだらない。
その中に埋もれて、「黒い手」の噂はあった。

黒い手に出会えたら願いがかなう

そのためには黒い手を1週間持っていないといけない
たとえどんなことがあっても

「バッカじゃないの」

上記の噂を話したところの、ある人の評である。
オカルト道の師匠にそんなあっさり言われると、がっかりする。

「まあ不幸の手紙の亜種だな。どんなことがあっても、って念押ししてるってことは、1週間のあいだになにか起こりますよってことだろ」

チェーンメールが流行りはじめた頃だったが、「××しないと不幸になる」というテンプレートなものとは少し毛色が違う気がして僕の印象に残っていたのだが、師匠はこういうのはあまり好きではないようだった。
しかし、しばらくのあいだ僕の頭の片隅に「黒い手」という単語がこびりついていた。
ありがちなチェーンメールと一線を画すのは、そのスタート契機だ。

「このメールを読んだら」

ではなく、

「黒い手に出会えたら」

つまり、話を聞いた時点で強制的にルールの遵守を求められるのではなく、契機が別に設定されているのだ。

怖がろうにも、その契機に会えない。

「黒い手に出会えたら」

僕は出会いたかった。

黒い手を手に入れた。
という一文をあるスレッドで見たとき、僕の心は逸った。
普段はいかない部屋に出入りしていたのは、「地元の噂」を語る場所だったから。
「黒い手」の噂を聞けるかも知れないという可能性のためだ。
マニアックなオカルト系フォーラムにどっぷり浸っていた僕には、少し程度が低すぎる気がして敬遠していたのだが…。

「見せて見せて」

というレスがつき、しばらくして「いーよ」という返事があった。
その『音響』というハンドルネームの人物は、何度かオフ会を仕切ってるような行動派らしく、「じゃ、明日の土曜日にいつものトコで」という書き込みで「黒い手オフ」が決定した。
新参者の僕は慌てて過去ログを読み返し、いつものトコが市内のファミレスであることを確認すると「初めてですけど行ってもいいですか」と書き込んだ。

当日は、まだこういうオフ会というものにあまり慣れていないせいもあって緊張した。
遅れてしまってダッシュで店内に入ると、目印だという黒系の帽子で統一された一団が奥のスペースに陣取っていた。
「ちーす」という挨拶に「すみません」と返して席につくと、テーブルの周囲に居並ぶ面々に対して妙な気まずさを感じた。
ネット上の書き込みを見ていた時から想像はついていたが、やはり若い。
たぶん全員中学生から高校生くらいだろう。僕もついこのあいだまで高校生だったとはいえ、1コ下2コ下となると別の生き物のような気がする。
先輩風を吹かしたりというのは苦手なので、ここでは年上だとバレないようにしようと心に決めた。

「で、これなんだけど」

そう言って全身黒でキメた16,7と思しき女の子が、足元から箱のようなものを出してきてテーブルに乗せた。

おおー。
という声があがる。
音響というHNのその子は、もったいぶりもせずテーブルの真ん中まで箱を押し出した。

「ガッコの先輩にもらったんだけど、なんか、持ってるだけで願いがかなうってさ。誰かいらない?」

え?くれるのかよ。

他の連中も顔を見回している。

「黒い手って、ほんとに黒いの?ミイラとか?」

軽い調子で中の一人が箱の蓋を取ろうとした。
その瞬間、僕の右隣に座っていた面長の三つ編み女がその手を凄い勢いで掴んだ。

「やめて。これヤバイよ」

真剣な目で首を振っている。

「ッたいわね、なにマジになってんの」

掴まれた手を振りほどいて睨みつけると、乗り出した体を引っ込める。
それからなんとなく、沈黙が訪れた。
霊が通った。
誰かが呟いて、「えー、天使が通ったって言わない?」という反応があり、しばらく箱から目をそむけるように「霊VS天使」論争が続いたあと、音響が言った。

「で、誰かいらない?」

またシーンとする。

こんなのが大好きな連中が集まっているはずなのに、なんだこの体たらくは…。

黒い手に出会えたら願いがかなう

そのためには黒い手を1週間持っていないといけない
たとえどんなことがあっても

この噂の意味がわからないほどバカではないということか。
ただそれも、この噂が本物でかつこの箱の中身が本物だったらという前提条件つきだ。

根性なしどもめ。
僕は違う。

なぜ山に登るのかといえば、当然そこに山があるからだった。

「僕がもらっていいですか」

全員がこっちを見て、それから音響を見る。

「いいよ。かっくいー。ちなみに箱ごとね。開けたら駄目らしいから」

音響は僕の方に箱を押し出し、ニッと笑った。

「1週間持ってないといけないんだって。でも結婚指輪でも買ってやればそんなにかかんないかもよ」

その後は普通のオフ会らしく、くだらなくて怠惰で無意味な時間をファミレスで過ごした。
誰も箱のことには触れなかった。それが目的で来た連中のはずなのに。
解散になったとき、箱を抱えて店を出ようとした僕に、さっきの三つ編み女がすり寄ってきた。

「ねえ、やめたほうがいいよ。それほんとやばいよ」

なんだこの女。
霊感少女きどりなのか。
引き気味の僕の耳元に強引に耳を寄せてささやく。

「わたし、人に指差されたらわかるんだよね。たとえ見えてない後ろからでも。そんな感覚たまにない? わたしの場合
嫌な人に指差されたらそれだけ嫌な感じがする。そんでさっき箱が出てきたとき半端なくゾワゾワ来た。こんな感じ、今までもなかった」

そういえば、縦長の箱が置かれたときその片方の端がこの女の方を向いていた。
箱の中で、黒い手が指を差しているというのだろうか。
そう思っていると、女の妙に冷たい息が耳に流れ込んできた。

「それがね、指差されてるのは箱からじゃないのよ。背中から、誰かに」

そこまで言うと三つ編み女は息を詰まらせて、逃げるように去っていた。

店の中で一人残された僕は、箱を抱えたまま棒立ちになっていた。
コト
という乾いた音がして、箱の中身の位置がずれた。
僕は生唾を飲み込んだ。

なにこの空気。
もしかして、あとで後悔したりする?

ふと視線を感じると、店の外からガラス越しに黒のワンピース姿の音響がこっちを見ていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました