【師匠シリーズ】コジョウイケトンネル

師匠シリーズ

師匠には見えて、僕には見えないことがしばしばあった。

夏前ごろ、オカルト道の師匠に連れられてコジョウイケトンネルに深夜ドライブを敢行した。
コジョウイケトンネルは隣のK市にある有名スポットで、近辺で5指に入る名所だ。
K市にはなぜか異様に心霊スポットが多い。

道々師匠が見所を説明してくれた。
「コジョウイケトンネルはマジで出るぞ。手前の電話ボックスもヤバイがトンネル内では入りこんでくるからな」

入りこんでくるという噂は聞いたことがあった。

「特に3人乗りが危ない。一つだけ座席をあけていると、そこに乗ってくる」

僕は猛烈に嫌な予感がした。
師匠の運転席の隣にはぬいぐるみが座っていた。
僕は後部座席で一人観念した。

「乗せる気ですね」

トンネルが見えてきた。

手前の電話ボックスとやらには何も見えなかったが、トンネル内に入るとさすがに空気が違う。
思ったより暗くて僕はキョロキョロ周囲を見まわした。
少し進んだだけで「これは出る…」と確信する。
耳鳴りがするのだ。
僕は右側に座ろうか左側に座ろうか迷って、真ん中あたりでもぞもぞしていた。
右側の対抗車線からくるか、左の壁側からくるのか。
ドキドキしていると、いきなり師匠が叫んだ。

「ぶっ殺すぞコラァッァ!!!」

僕が言われたのかと縮みあがった。

「頭下げろ、触られるな」

耳鳴りがすごい。
しかし何も見えない。
慌てて頭を下げるが、見えない手がすり抜けたかと思うと心臓に悪い。

「逃げるなァ!!逃げたらもう一回殺す!」

師匠が啖呵を切るのはなんどか見たが、これほど壮絶なのは初めてだった。

「おい、逃がすな、はやく写真とれ」

心霊写真用に僕がカメラを預かっていたのだ。
しかし…。

「どっちっスか」

「はやく、右の窓際」

「見えませんッ」

「タクシーの帽子!見えるだろ。逃げるなコラァ!殺すぞ」

「見えません!」

ちっ、と師匠は舌打ちして前を向き直った。
ブレーキ掛ける気だ…。
俺は真っ青になって、めったやたらにシャッターを切った。
トンネルを出た時には生きた心地がしなかった。

後日現像された写真を見せてもらうとそこには窓と、そのむこうのトンネル内壁のランプが写っていた。
師匠は不機嫌そうに言った。

「俺から見て右の窓だった」

よく見ると窓にうつるカメラを構えた僕の肩の後ろに、うっすらとタクシー帽を被った初老の男の怯えた顔が写っていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました