狂った家族

洒落怖~名作集~

今からお話しするのは自分の実体験で、なんていうか…まだ終わっていないというか…。
とりあえずお話しします。

自分は23歳の男で実家暮らしの介護士です。
父(52)母(44)弟(18)の4人家族で、弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定です。

その日も夕食後、居間で父母俺でTVを見ながら、
「弟の家はどこにする?」や「一人暮らしで必要は物は?」など話しており
弟は自室(弟と自分は同じ部屋)で就職に関する準備をしていた。
TVは確か『なんでも鑑定団』を見ていたと思う。

ザザ…ザザザザ……

不意にTVにノイズが入った。
それはすぐにおさまったので俺は気にせずTVを見続けながら
「……んでさぁ」と話しを進めていたんだが両親に目線を移すとある異変に気付いた。

両親は口を半開きにして、何かに驚いたように大きく見開いた目がTVを凝視していた。

「え、何!?どうしたの!?」

自分は過去に見たことのない両親の顔に動揺した。
しかし両親は俺の言葉を無視して画面に釘付けになっていた。

その時、突然2人の見開いた目だけがギョロリと動き俺を睨んだ。

俺「え!!?」

次の瞬間、まるで何もなかったように両親の顔は元に戻り…。

母「うん。でもさ弟自炊とかできるかしら?」
父「大丈夫じゃないか?」と何事もなかったように話し出した。

俺「え?今の…何…?」

両親は2人とも普段からあまり冗談を言わない方で昔から堅い性格だった。
だから冗談でもあんなことをするとは到底思えなかった。

母「今のって?」
父「?」

2人共キョトンとした顔を互いに見合わせている。
両親の性格を知っている自分はそれが誰かを騙すためのリアクションではなく、素のリアクションであることがわかり、同時に違和感を覚えた。

両親は覚えていないのか?
自分達があんな恐ろしい形相をしていたことを…?

俺「いや…なんでもない」
自分は口ごもりうつむいた。

その時、母がポツリと言った。

母「ところで、いつ死ぬの?

…は?

父「そうだな。その話もした方がいいな。いつにするんだ?自殺か?事故か?」

意味がわからなかった。
突然のことの連発にかなり困惑している自分は、

「死ぬ…ってどういうこと?」とかなりしどろもどろだった

しかし両親はまるで当たり前のように話を進めた。

父「こっちも今まで待ってたんだ。そろそろいいだろ」
母「手伝うからね。大丈夫だから。ね?」

両親はなおも淡々と話をしている。
首吊りは汚いとか、睡眠薬がいいとか、飛び降りは途中で気絶すれば痛くないとか、
まるでそれぞれの死に方を見たことがあるとでもいうように…。

「ちょっ…ちょっと!さっきから何を変なこと言ってるんだよ!」

明らかにいつもと違う両親に恐怖を覚えて、俺は大声で怒鳴った。
すると両親は急にぐるりと首をひねってこちらに顔を向けた。

両親の目が左右逆を向いていた。

父「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
母「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

「ひッ!」

両目は左右逆を向いていたが、顔はしっかりこっち向きながら
壊れた人形のように繰り返し「死ね」を連呼していた。

自分は恐怖に耐えられなくなり、弟の居る部屋に逃げ込んだ。

勢いよく弟の部屋の扉を開いくと、弟は驚いてこちらを振り向いた。
弟「うわっ!びっくりした!何!?」

弟は机に座り書類を書いていた。

俺「父さんと母さんが!目が逆で…死ねって言って…!」

弟「いや…。何言ってんのかわからん」

自分でも何を言ってるかわからなかった。
両親に起こってることが理解出来なかった。

「だから…その…」

わけがわからなくなり俺は頭を抱えた。

「とにかく、父さんと母さんが変なんだよ!」

俺が顔をあげそう叫ぶと、弟が口を半開きにしその目は両親同様に左右逆を向いていた。

弟のその表情を見た俺は絶叫し玄関に走った。

なんなんだよ一体!?

玄関から外に出る前に少しだけと居間が視界に入った。
両親がこちらを向いて立っていた。

その目はやはり左右逆を向いていた…。

俺は全速力で人が通りが多い場所まで走った。
その後、少し息を整えスマホで一人暮らしの職場の先輩に事情を話し先輩の家に行った。

先輩は少しだけ霊感のある人で普通だったら理解不能な俺の話を真剣に聞いてくれた。

先輩「そうか。よし明日知り合いの寺に行ってなんとかしてもらおう。今日はまず休め。お前酷い顔してるぞ」

その日は先輩の家に泊まった。
先輩に用意してもらった布団を頭から被って目を閉じたが一睡もできなかった。

次の日の朝6時。
先輩の家から車で30分くらいの寺に連れて行ってもらい、そこの住職に前夜のことを話した。

住職「大変だったでしょう。疲れた顔をされていますね…」

俺の顔を見て、住職は心配そうに言って下さった。
その後「そのままではいけない」と言われ、先輩と住職と自分の三人で家に戻ることにした。

家の中は地獄だった。

父は両腕、両足から血をダラダラ流しながら、居間と廊下を歩いていた。
居間の隅には、血の付いた包丁が数本捨ててあった。

「あと2往復したら右足の血管を…あと3往復したら二の腕の血管を…」とブツブツと独り言を言っていた。

母は風呂場にいた。
満タンに水のはった浴槽に自らの頭を突っ込んでは出てを繰り返していた。

自らの手で頭を押しながら
「あはは がばっ死ぬ手前!死ぬ手前!死ぬ手前ぇええええええええええ!」

弟は机に向かって文字を書いていた。
ただ…手にはカッターを持ち、机の上には鏡があった。

「○○市○○町…」

家の住所を体に刻んでいた。

俺はそんな家族の恐ろしい姿に涙が出た。

その後、住職さんと応援に呼んだ他の寺の方に助けてもらいました。

今はなんともないです。
ただ今でも弟と父の体には傷が残っていて、温泉とか行くとかなり鬱になります。

駄文、長文失礼しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました