廃病院の地下 ~死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?~

洒落怖~名作集~
image credit : Flickr - Azat Akhyarov

その後のことは全部Cに聞いた。

俺はゆっくりと寝転がるようにしてその場で失神したらしい。
オッサン店員が救急車呼んでくれて、俺は近くの病院で一晩過ごした。
目が覚めたときは昼過ぎくらいで、腕には点滴刺されててすぐ横のパイプイスには俺の母親とばあちゃんが座ってた。

俺の腕の傷は結構深くて、他にも顔の横とかを数本縫った。
他にも足の指を折ってたりして(ベットから起き上がろうとして痛くて気付いた)、その日の午後はレントゲンとか検査とかして終わった。
もう一日入院していけと言われたが俺は本当に嫌だと言って断った。

その日の夜に警察から電話がきて、AとBのことと廃病院でのことを聞かれた。
電話がきた次の日にすぐ俺は言われた警察署に言って、取調室みたいなとこに通されて制服姿のオッサンに何時間も質問された。

廃病院に行くまでの経緯と、中で起こったことを俺は正直に話したけど勿論信じてもらえなかった。
それどころか薬物検査を受けさせられて、場合によっては家宅捜索にもなるとか色々言われた。
しばらく同じような問答をうんざりするくらい繰り返した後、俺はずっと気になってたAとBについて聞いてみた。

Bは俺が倒れた次の日の午後、Cの通報で廃病院に向かった警察が見つけた。
俺が言った階段近くの場所より少し奥に進んだ場所で死んでたそうだ。
死因は失血によるショック死ってことになってるって言われた。詳しくは検死しないと判別がつかないってことらしかった。

Aは見つからなかったらしい。
表向きは行方不明ってことになったけど、多分俺と同じでBを殺したんじゃないかって容疑者扱いされてると思う。
むしろ、AがBを殺して俺が何か隠してるか共犯なんじゃないか的なことをオッサンは遠回しに聞き出そうとしてた。

俺が無くした財布は病院の地下でBの近くに落ちてたそうだ。
一応証拠品だから返却されるのには時間がかかるよと言われたが、俺は捨ててくれと頼んだ。
あの病院は本格的に立ち入り禁止にして、パトカーの巡回コースにもいれられるらしい。
放置されていたAの車も、あらかた警察が調べてからAの親が合鍵で乗り帰ったそうだ。

取調べが終わると、警察署の外でCが車で迎えにきてくれていた。
地元ではなく少し遠くのファミレスでCと話をした。
Cは俺と一緒に救急車に乗って病院に行った後すぐ、Cの兄キの運転でコンビニに停めてあったバイクをとりにいったらしい。
店の店員は違う人になってたが、一応事情を説明したその後、廃病院に向かおうか迷い、Bと連絡を取ろうとして携帯を確認したらしい。
救急車に乗った時点で電源を切ってた携帯に、三十件以上の不在着信があったそうだ。全てBから。
この時ようやく、Cもこの一連の出来事の異常性を実感したらしい。

Cも怖くなって携帯の電源を切って家に逃げ帰り、次の日にAとBの家に連絡をとるとまだ二人とも帰っていないという。
本格的にヤバいと感じたCは警察に連絡し、俺の言った話で信憑性の薄い部分だけ切り取ってうまく警察を向かわせたらしい。(その時の通報理由が違ったせいで、俺がかなり疑われたが)

Cは言った。途切れ途切れだったし、言葉を探すように幾つも間があったけど大体こんな感じだった。

「最初にコンビニで電話出たとき、なんかおかしいとは思ったんだよ。なんかひたすらお前のこと聞いてきてさ、三人で仕組んだイタズラだから、もう済んだからお前と一緒に病院にこいって。
でもお前腕怪我してたからさ、俺が病院連れてかなきゃっつったら『こっちには医者もいるから』って……おかしいってそこで思ったけど、まだなんか冗談かと思ったんだよ。
俺がいるわけねーって言ったら、『いるいるいるいる』って『いまも手術してるから』って。
俺がそういうのもういいって言ったら、『ほんとだから。いるから。いるって、いるって、いるって……』……ってずっと繰り返しててさ。
頭きて怒鳴ったら向こうで切っちまって……」

俺はなんて言っていいかわからなかった。

Cはもう一度、あの場所であったことを俺からじっくりと聞くと「わかった」とだけ言ってそれ以上なにも言わなかった。その後も俺は何度か警察署に顔を出した。
親から大学へは休学届けをだして、残り半月程度だった前期と後期は休むように勧められた。

今ではもう警察に顔を出す事もなくなって、大学も上半期の留年で卒業した。
田舎に帰る気も起きなかったからそのままアパートに住んで仕事にいってる。
ただ、四度目か五度目に警察に顔を出したときだった。

警察のオッサンといつものように同じ問答を繰り返した後、オッサンがBのスネの傷のことを言ってきた。

※「貴方の証言じゃ傷を見たそうだけど、どんなふうだった?切り傷?擦り傷?」
俺「本当にパニックだったし、かなり暗かったからよくは……でも、骨っぽい白いものを見たのは憶えてます」

ふぅん……とオッサンは間を置いて。手元の書類を改めてまじまじと見る。

※「これがちょっと不思議な傷でね。あの場所じゃ転ぼうが何かに引っかけようがつかない傷なんだよね」
俺「はぁ……」
※「本当にキミはBくんが転んだときは何も見てないし知らなかったんだね?」
俺「ええ」
※「ふぅん……」

その問答はそれだけで終わった。

ただ、取調べが終わって俺が部屋の外にでたときだった。
ドアを閉める前の隙間からオッサンの呟きが聞こえた。

「まぁ噛みはしねーわな」

本当に思い出したくなかったけど、あの時のBの傷はどんなふうだっただろうか考えてみた。
オッサンのその言葉を聞いてから思いついたことだから、これは俺のその時思いついた妄想の可能性が大きいことを先に言っとく。

Bの傷は、あれは俺が見た子供に噛まれたんじゃないかと。
俺は今でも、俺の携帯にAかBの着信があったらどうしようと考えると眠れなくなるときがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました