【祟られ屋シリーズ】日系朝鮮人

祟られ屋シリーズ
スポンサーリンク

イサムと出かけたロングツーリングから戻った俺は、以前からの約束通り、木島氏の許を訪れていた。

呪術師としての木島氏しか知らなかった俺は、木島氏の意外な一面を知ることになった。

木島氏は婿養子らしい。

5歳ほど年上だという奥さんの紫(ゆかり)さんは、少しきつい印象だが女優の萬田久子に似た美人だった。
紫さんの父親に関わる『仕事』で気に入られ、木島家に婿入りしたようだ。
木島家が何を生業にしているのかは判らない。
見るからに高そうなマンションのワンフロアを借り切り、そのマンションには目付きの悪い男たちが頻繁に出入りしていた。
招かれたのでもなければ、あまり近寄りたい雰囲気ではない。

木島氏には20代後半で『家事手伝い』の長女・碧(みどり)と女子大生の次女・藍(あい)、中学生の3女・瑠璃(るり)の3人の娘がいた。
木島家に滞在して、俺がそれまで木島氏に抱いていたクールで冷徹なイメージは脆くも崩れ去っていた。
家庭人としての木島氏は、女房に頭が上がらず、娘に大甘なマイホームパパだった。
少し引き篭もり気味だが、碧は家庭的な女で家事一般が得意、料理は絶品だった。
藍は、頭の回転が早く、話し相手として飽きない楽しい女だった。
人懐っこい性格の瑠璃は、テニスに夢中……。

色々と驚かされることもあったが、家族仲の良い木島家は見ていて微笑ましかった。
思いのほか居心地の良い木島家で俺は寛いだ時間を過ごした。
だが、リラックスした時間はやがて終わり、『本題』が訪れた。
どんな目的があるのかは分からないが、かねてより俺に会いたがっていると言う人達の許に俺は向かった。

木島氏に連れられて俺が訪れたのは古い邸宅だった。
表札には『一木』と書かれていた。
木島氏と共に奥の部屋に通され30分ほど待たされたか。
少々イラ付きもしたが、神妙な木島氏の様子に、態度や表情には出さずにいた。
やがて、家主らしい初老の男性と榊夫妻、和装の老女が部屋に入ってきた。

「お待たせして申し訳ない……」

この男性は、相当な地位にある人物のようだ。
榊夫妻や木島氏の様子、何よりもその身に纏う『威厳』がそれを物語っていた。
この初老の男性が一木貴章氏だった。
挨拶もそこそこに一木氏が「本題に入ろう」と切り出した。
一木氏は、何かの報告書らしいレポートに目を落としながら話し始めた。

「XXXXX君、昭和XX年X月XX日、A県B市出身。父親は……母親は……。兄弟は姉と妹が一人づつ……」

一木氏は、俺や俺の一族の背景、その他諸々を徹底して洗ったようだ。
一木氏の話す内容は俺が自ら調べて知っていたことだけでなく、調べても判らなかったことも数多く含んでいた。

俺の父親は、70数年前、今の北朝鮮・平壌で生を受けた。
警察関係の役人だったという祖父と祖母は、まだ幼かった次女を連れて朝鮮半島に移住した。
二度と帰国するつもりはなく『日系朝鮮人』として朝鮮の土になる……覚悟の出国だったようだ。
父の実家は、地元では一応『名士』とされていたようだ。
婿養子で軍人だった曽祖父が、東京である『特別な部隊』に所属し、その後も軍人として出世したかららしい。

その部隊に所属することは大変な栄誉とされていたらしい。
地元選出の国会議員や市長クラスの宴席に呼ばれることも度々だったそうだ。
曽祖父が出世して『名士』扱いされてはいたが、父の実家のあった地域は一種の『被差別部落』であり、父の一族はその中でも特に差別された一族だったようだ。
俺の一族が『田舎』で差別された存在だったことを俺が知ったのは、祖父の葬儀のために、父の『実家』を訪れた時のことだ。
祖父の葬儀は異様な雰囲気だった。
参列者は俺たち親族と、祖父の『お弟子さん』だけで、近所からの参列は古くから付き合いのある『坂下家』だけだった。
俺たちの様子を伺う近所の住人達の視線を俺は生涯、忘れることはないだろう。

差別とやらの内容は知ることは出来なかったが、憎悪や恐怖、その他諸々の悪意の込められた視線……『呪詛』の視線だ。
96歳で台湾で客死した祖父は、韓国や台湾、中国本土を頻繁に行き来する生活を送っており、弔電は国内よりも国外からの物の方が多かった。
国内の弔電も『引揚者』やその家族からのものが殆どだったようだ。
父達の引揚げは『地獄』だったそうだ。
父は、昭和24年に引き揚げたらしいが、引揚時に負った傷が元で右目の眼球と右耳の聴力を失っている。
だが、父が話すことはないが、帰国後の日本で父が見た『地獄』は、引揚時に朝鮮半島で見た地獄よりも苛烈だったようだ。
父にとっての故郷は、生まれ育った『朝鮮』であり、ルーツである日本の『田舎』は記憶から消去したい、呪われた場所らしい。
祖父の葬儀が終わったあと、父は姉と妹、そして俺に言った。

「これで、我々の一族とこの土地の縁は完全に切れた。私がここに来ることは、もう二度とないだろう。私たちは、もう他の土地の人間なんだ。お前たちも、二度とここに来てはならない。全て忘れるんだ」

祖父は、苦学しながら高等文官試験?を目指す学生だったそうだ。
翻訳や家庭教師といったアルバイトをしていて、東京で女学生をしていた祖母に見初められたらしい。
祖父は、高等文官試験には通らなかったようだが、特殊な才能をもっていたそうだ。
全く知らない外国語でも1日あれば凡そ理解することができ、1・2週間ほどで読み書きは別にして、自由に話すことができたそうだ。
事の真偽はわからないが、祖父が日本語のほか、英語・フランス語・ドイツ語・朝鮮語・中国語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語の会話と読み書きが出来たのは確かだ。
祖父は婿養子として祖母と結婚し、内地でキャリアを積んだあと警察関係の役人として朝鮮に渡った。
日本の敗戦により、朝鮮の土になるつもりでいた祖父たち一家は、やむを得ず、多数の引揚者を連れて帰国した。
本来ならば、差別の残る祖母方の実家ではなく、祖父方の実家のあった地に戻るところだったのだろうう。

だが、祖父の実家は、終戦直前に家族親戚とともに一瞬でこの地上から消滅してしまっていた。
父は高校卒業まで田舎にいたが、大学進学を期にそこを離れ、祖父の葬儀まで二度と戻ることはなかった。
大学に進学した父は知人宅に身を寄せた。
父が下宿していた知人宅、それが俺の友人Pの父親の実家だった。
詳しいことは分からないが、朝鮮半島で俺の祖父とPの祖父は何らかの関係があったらしく、俺の祖父の手配でPの祖父一家は日本に移住してきたらしい。
俺の一族にPの一族は返しきれない恩があるとかで、『俺の一族に何かあった時には、何を差し置いても助けろ』と言うのがPの父親の遺言だそうだ。

俺にとっては、Pは友人であり、恩や遺言は関係ないのだが、彼にとってはそうではないようだ……。

コメント