爺さんの遺言

洒落怖・怪談
爺さんの墓参りに行った帰り、爺さんの家(婆さんは生きてるから)で食事会みたいなのをした。
食事をし終わったあと、本が好きな俺は爺さんの読んでた本を探してて、その中のひとつの、原版らしき太宰治全集を物色してた。

 

そしたら、その全集を取った奥に小さい引き戸を見つけて、その引き戸を開けたら、紐で結ったコミックスサイズの、薄黄色い手帳があった。

婆さんにそれを

「これ何?」

 

って見せたら、爺さんが無くなる直前まで、20年くらい、心霊現象や超常現象みたいなのを研究していた事がわかった。

爺さんも特に隠してる様子は無かったので、俺にくれた。

その中は、色々と場所や、思念がどうだかって、よくある事が書いてあったんだけど、その最後に、詩的な短文があった。
見出しに、
「口に出したり、その内容の意図を理解すると、霊的な現象、感情の変化を引き起こす可能性がある文字列、また文章」
て書いてあった。
興味があるので、そのまま抜き出してみたいと思う。
一つ目
「目を抜き口を紡ぎ空を見る 海は火となり空を焼く彼の者路を示し合わせん 案内早し道は長し先はあれど後は無し 崖を背にただ歩むのみ果ては無限終わり無し 闇に光に空は無くすべて崩れたり」
二つ目
「示しましょう 落ちましょう。示しましょう 落ちましょう。示しましょう 落ちましょう。死にましょう」
婆さんが言うには、この手帳は爺さんが亡くなるつい前まで書き込んでいたらしい。
杞憂かもしれないのだけど、最後に書き込んだ後に亡くなったのは、この文章に関係があったりしないかな?

爺さんは肺炎で亡くなったんだけど、なんかゾクっとした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました